メインサイトリライター パーフェクトサテライトライター

メインサイトリライター・パーフェクトサテライトライター専門サイト

メインサイトリライター・MSRでペナルティを受ける「事例」

読了までの目安時間:約 5分

 

メインサイトリライターMSRは、マウス操作のみでリライトが可能なリライトツールになります。そのため、記事作成作業の短縮が可能なので、アフィリエイト作業にはかなりうってつけのツールなのです。

 

 

しかし、心配される事項として「メインサイトリライターMSRのようなリライトツールにてペナルティを受けないのかどうか」です。この件に関しては、お問い合わせを複数受けてきたので、実際に条件をしっかりと持ってペナルティを受けることはないのかを実証していきます。

 

 

ここで言うペナルティとは、検索エンジンから検索順位を下げられたり、インデックスの削除をされたりなど検索上での事を指します。私自身、メインサイトリライター・MSRだけで作成したサイトを含めて、メインサイトリライターにて作成した記事数が8割以上のサイトのアクセス数を3ヶ月の期間でどのように変動をしたのかを3サイト抜粋してみてみました。

 

 

 

 

 

3ヶ月間のアクセス数からも分かりますが、ペナルティを受ける場合はがくんとアクセス数が減ります。なので、全てペナルティを受ける事は無く、通常通りインデックスされています。

 

 

真ん中の1サイトは結構記事挿入数が100を超えているので、アクセス数も割と多いですね。

 

 

メインサイトリライターでもペナルティ受ける場合

では、メインサイトリライターを活用してペナルティを受ける場合、どのようなサイトや記事を作成してしまうのかと言いますと、下記のような記事を投稿してしまっている場合になります。

 

メインサイトリライターを活用しながらもほぼ変換を行わずに、一致率や類似率が以上に高い記事を多く投稿してしまうと、ペナルティを受ける可能性は物凄い高くなります。上記のは極端な例ですが、70%台の記事は危険すぎると言えるかと思います。

 

 

また、上記の状態での記事投稿をしてしまうと、Googleのペナルティだけではなく、著作権の侵害にもなってしまう可能性も出てきてしまいます。ただ、このメインサイトリライターでのリライト作業と著作権に関する考え方は複雑なので、色々な捉え方があります。

 

 

実際に、著作権法には、「額に汗理論」と言われ、調査を重ねて時間を掛けて作成した記事でも独自の創造性が無ければ、結局のところ著作権がどうこうと言う話にはならないのです。つまり、著作権で守られることはないのです。

 

 

話が脱線してしまいましたが、著作権に関して1ミリたりとも侵害したくないのでしたら、そもそもメインサイトリライターは活用するべきではないです。リライトにしても道徳的にも反対の考え方の人もいます。

 

 

ただ、リライトはアフィリエイト作業にて成果を早く出すためには有効な手段であり、それは大企業でさえ行っている行為です。

 

 

実際に、メインサイトリライターでリライトを行うのでしたら、類似率は50%以下に抑えることが出来ることがベストと言えます。私自身、50%以上の記事は複数含まれていましたが、ペナルティを受けることは今だ無いです。

 

 

実際に、もしメインサイトリライターで作成した記事で、しっかりとリライトを行っていてペナルティを受ける場合は、Googleのアルゴリズムが一般記事までペナルティを受ける可能性が高い規定を設ける必要がある為、現実的にはあり得ないと思います。

 

 

リライトを受け入れられない人は確かにこのようなリライトツールは活用するべきではないのですが、アフィリエイト作業にて記事作成の速度を早めて収益速度を上げたい人にとっては、おすすめが出来るツールです。

 

 

 

 

 

 

MSR   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: